FC2ブログ

材料不足で出来高減少

  • 2017/12/20(水) 18:24:08

ラージ 始値22800円 高値22900円 安値22770円 終値22860円
上下130円のレンジ 出来高19,750枚 IR 22770円~22900円

ミニ  始値22800円 高値22900円 安値22770円 終値22860円
上下130円のレンジ 出来高329,687枚 IR 22770円~22900円

CME $22810 \22765

 本日の日経225先物は22860円(+60円、+0.26%)で引けました。

昨日のナイトセッションはアメリカ市場の下落を受けて、ザラ場の水準より下の位置で推移していました。

寄付きもナイトセッションの終値付近となりましたが、アメリカ税制改革法案の成立がほぼ確定するという見方から
大きく売り込まれることもありませんでした。

上院での法案可決の報道を受けて、またゴトー日仲値を意識する為替相場の動きで、
ドル円は113円を捉える動きをしていました。

先物にもまとまった買いが入り、9:30過ぎには22900円まで買い上がりました。

ただ、23000円を目前に伸び悩み買いは続かず短期勢の売りに押され前日終値付近まで再度下落しました。
引けにかけて方向感を探りながら本日の高値付近にジリ上げとなりました。


無題

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

スポンサーサイト



FOMCも終わり、年末相場へ

  • 2017/12/18(月) 19:54:00

先週末に記録していたものです。

ラージ 始値22580円 高値22720円 安値22440円 終値22520円
上下280円のレンジ 出来高41,821枚 IR 22450円~22600円

ミニ  始値22580円 高値22720円 安値22440円 終値22520円
上下280円のレンジ 出来高562,637枚 IR 22455円~22600円

CME $22605 \22560

 本日の日経225先物は22520円(-110円、-0.49%)で引けました。

今週は今年最後のFOMCがあり、これまでの市場コンセンサス通り政策金利の引き上げが実施されました。

また、米アラバマ州上院補欠候補選挙で与党共和党の候補者が敗北したことを受けて、
市場は弱気展開へとシフトする場面がありました。

それを受けて、税制改革法案を推し進めて信頼回復を図る動きがあり、35%から20%へ引き下げを検討する流れとなり、
来年には21%に修正、実施となる見込みです。

日本市場はFOMCへの警戒感もあり、週初めから軟調に推移し、
先週までの戻り相場からの売りとなっていました。

これまで10年債の売りにより米長期金利は2.4%を意識する動きでしたが、
利上げの発表とともに買い戻しとなり金利は低下、ドル円相場は113円を割り込み、
一時111円に迫るまで売り込まれました。

日経先物も軟調であり、日毎では一時的に高値を伺う変動もありましたが、
引けでは安値を更新してくる推移となりました。本日も弱い動きで、一時22500円を割り込んでいましたが、
日銀のETF買いの観測や一部報道によると日銀の審議員に入った片岡審議員長が追加緩和を
主張する立場に対応するとの意見があったようです。

これまでは日銀は出口戦略などは時期尚早としてきましたが、
ここにきて金融緩和による副作用で追加緩和は不要という説明がなされるようです。

長く続く低金利よる金融機関へ仲介機能阻害を防ぐ考えから、
長期金利引き上げへ向けた動きなのではないかという見方もあるようです。

市場は刹那的な反応は買いとなりましたが、引けには上昇前の値まで落ち込み、
結局前日比でマイナスとなりました。

メジャーSQも終わり、中央銀行のイベント迎えてしまいこれからは年末に向けた閑散相場へとなる可能性が高いです。


無題


今年の残りも10日切りましたね。
最後までしっかりやっていきましょう!

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

ダウも先物押し目意識が強い

  • 2017/12/04(月) 19:06:24

ラージ 始値22810円 高値22870円 安値22690円 終値22710円
上下180円のレンジ 出来高84,564枚 IR 22740円~22870円

ミニ  始値22810円 高値22870円 安値22700円 終値22710円
上下170円のレンジ 出来高509,973枚 IR 22740円~22870円

CME $22670 \22655

 本日の日経225先物は22710円(-70円、-0.31%)で引けました。
先週末のアメリカ市場はトランプ大統領の側近であった、フリン前大統領顧問がロシアゲート疑惑はトランプ大統領の指示であったという証言をきっかけに為替市場や先物市場で大きな売りが入りました。


ナイトセッションの板が薄いところに500枚×4セットなど大き目な注文も確認できました。
ただ、税制改革法案への期待感もあって後半は下げ幅を縮めて戻ってきました。
為替の戻りなども相まって、日本市場の寄付きはナイトセッションの引けからギャップアップする格好でスタートしました。


22800円を超えて寄付くも、今週のSQを控えて売買はロールオーバーも多く、方向感に乏しいながら上値が限定的な動きでした。
ドル円相場も113円を狙う格好ながら、こちらも上値が重い展開でした。
なお、土曜日に上院では税制改革法案が可決されて、1980年以降で最大の税制改革となる見込みです。


無題

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

ダウ史上初の24000ドル

  • 2017/12/01(金) 16:21:05

ラージ 始値22910円 高値23000円 安値22670円 終値22780円
上下330円のレンジ 出来高76,527枚 IR 22700円~23000円

ミニ  始値22905円 高値23000円 安値22670円 終値22790円
上下330円のレンジ 出来高804,875枚 IR 22695円~23000円

CME $22880 \22875

 本日の日経225先物は22780円(+20円、+0.09%)で引けました。
昨日のアメリカ市場は史上最高値として、初の24000ドルを突破したダウ平均でした。
これまでの税制改革法案を好感した買いを受けて大幅な上昇となりました。

日本市場もナイトセッションから引き続き買いが先行して、午前中には23000円タッチしました。
麻生財務相が円の信任が上がっているという発言があったことで、ドル円相場の下落があり、
また、アメリカ上院での税制改革法案が可決しないことが決定したことが伝わり売り材料となったようでした。

9:45過ぎには瞬間的にワンショット5,000枚を超える注文が出るなど、大きく値を落としました。
ドル円が再度切り返して、後場から押し目買いが入っていましたが23000円までは届かず上値が限定されていました。


無題

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

日銀効果はまだまだ。。。

  • 2017/11/30(木) 21:43:04

ラージ 始値22640円 高値22770円 安値22510円 終値22760円
上下260円のレンジ 出来高 IR 22510円~22640円

ミニ  始値22635円 高値22765円 安値22510円 終値22765円
上下255円のレンジ 出来高 IR 22510円~22645円

CME $22655 \22655

 本日の日経225先物は22760円(+140円、+0.62%)で引けました。

アメリカ上院での予算委員会で税制改革案が通ったことを好感してアメリカ市場は上昇スタートしました。
だた、テック部門の半導体銘柄の売りが大きく、NASDAQやS&P500はマイナス転落してダウのみ上昇して帰ってきました。

日本市場はまちまちなスタートとなり、ややプラス水準でしたが同じくハイテク関連株の売りから
一時22510円まで下落しました。

前日終値付近でもみ合う格好でしたが、後場後半に日銀委員の物価2%への発言を受けて、
ドル円相場の上昇と先物への買いが観測されました。

昨日ナイトセッションの高値に迫る動きで高値引けとなりました。


無題

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。