スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

原油価格下落、日経平均17000円割れ

  • 2016/01/14(木) 20:57:38

本日もお疲れさまでした。


ラージ 始値17190円 高値17320円 安値16910円 終値17310円
上下410円のレンジ 出来高101,455枚 IR 17030円~17210円

ミニ  始値17195円 高値17315円 安値16915円 終値17305円
上下400円のレンジ 出来高869,238枚 IR 17035円~17215円

CME $17235 \17210

 本日の日経225先物は17310円(-390円、-2.20%)で引けました。


12日、NY原油先物価格が一時1バレル=29ドル台を付けました。
2004年以来の29ドル水準を付けた格好となっています。


また、本日の国債先物価格が149.66円まで上昇しました。
これも史上最高値を更新しています。

原油は在庫が予想値を下回る値でしたが、マーケットの反応は売りでした。
なかなか、難しいですが。イランやISISなど、中東問題やOPECの勢力低下なども絡んでくるんでしょうか。

そんな中で、本日は一時日経平均が17000円の節目を割り込む場面もあり、リスクオフの展開が続いています。
17000円割ると、後場引けkにかけて急反発となって17320円まで上昇。


17000円は昨年9月29日以来の水準ですが、ここを抜けますと16500円という、
所謂、黒田バズーカ第二弾の後の高値圏に触れることとなって、割ってしまえば、金融緩和の否定になりかねないため
意識されているようですね。

2014.10.27~2016.1.14日経平均株価



ただ、日本独自の要因であがり、さがりをしているのかは謎です。
相場にはかねてより付いて行くスタンスですので、変わらずに行きたいと思います。

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

戦後初、大発会後6日間続落

  • 2016/01/12(火) 19:09:31

あけましておめでとうございます。
新年になってから更新しよう、しようと思ってもなかなか手が進まずw
よくありますよね


で、タイトルのことですが、
その様です!
1989年末、日経平均史上最高値を付けた後
1990年大発会から暴落していったことは皆さんご存知だと思いますが、


その時でさえ、6日間も下落しなかったんです。



それがねぇww


投資家さーーん
息してますかーーー?w


ラージ 始値17410円 高値17550円 安値17090円 終値17090円
上下460円のレンジ 出来高75,853枚 IR 17370円~17550円

ミニ  始値17415円 高値17545円 安値17095円 終値17095円
上下450円のレンジ 出来高742,147枚 IR 17375円~17545円

CME $17410 \17390

 本日の日経225先物は17090円(-600円、-3.39%)で引けました。
現物指数は17218.96円で前日比-479.00円となり、大発会後の続落日数を6日間に伸ばしました。


伸ばしましたww
上昇してませんが記録伸ばしてます!




それにしても、アベノミクスは凄いですね!
去年の5月には連騰日数で上位に食い込み、

日経平均連騰ランキング



今回は戦後初の記録を付けました!

2016.1.12日経平均株価戦後初大発会後6日続落

去年のチャイナショック後に付けて安値に近づきつつあります。
明日以降、どうなりましょうか。


中東でのテロや国交問題(定期ポスト)
原油(30ドル割れそう)
中国問題(CB制度開始、休止←)
アメリカ利上げ
アメリカ大統領選(前年の株価下落は初w)

その他、上げたらキリがないほどのネガティブ要因
今年は乱高下必至かよ

必至だな


なお、現在ナイトセッションではリバって、17400円付近で、先物価格は上昇中です。

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

2015年最後の日銀

  • 2015/12/18(金) 23:25:23

2015年12月18日(金)

ラージ 始値19300円 高値19880円 安値18940円 終値18950円
上下940円のレンジ 出来高118,870枚 IR 19170円~19340円

ミニ  始値19300円 高値19880円 安値18940円 終値18950円
上下940円のレンジ 出来高1,138,988枚 IR 19170円~19340円

CME $19295 \19230

 本日の日経225先物は18950円(-390円、-2.02%)で引けました。
国債先物は史上初の149円台を付けました(149円17銭)。
本日は今年最後の日銀金融政策決定会合がありました。

昨日のFRBによる金利引き上げという動きに対して、やや日銀への行動を期待する声もある中、
現状維持が濃厚というコンセンサスでした。寄付きから催促するかのように売りが出ていて、
昨日の終値(19340円)、安値(19290円)を割り込んで推移していました。

日銀の発表は後場寄り前後になることが多いためか、徐々に値を戻す買いが入ると
後場開始時間になるとプラス転換していました。
その後日銀の発表があり、一気に買いが入り、価格は一時19880円(前日比+540円)まで上昇しました。

発表内容はETFの買い入れ枠の増加、これまでの1年3兆円の買い入れ額とは別枠として3,000億円が追加されます。
「設備投資や人材に積極的に投資している企業の株式を組み込んでいるETFを購入」と具体的なものでした。

2016年4月より実施。また、2002年11月から2004年9月まで日銀は金融機関の保有する株式を買い取り、
金融機関の損失拡大の防止に努めてきました。

2007年10月からおよそ5年半でその保有株の売却を行っていく流れでしたが、
2008年10月にリーマンショックの影響を加味して一時中断していたものを2016年4月から再開し、
売却期間を10年に延長する決定を下しました。

売却対象の保有株は、簿価ベースで約1兆3490億円(12月10日現在)とのこと。
J-REITに関しては1銘柄の発行済み枚数の5%までだったものを10%に引き上げる方針です。

長期国債の平均残存期間の延長もあり、7年~10年から7年~12年に延ばし、
幅広く国債を購入して金利を低く保つことが目的のようです。

その他、低利息融資の期間を2016年3月までを2017年3月までに延長。
この内容がマーケットからは失望感が出て、上昇がすぐに下落に転じ、後場は売り一辺倒となると
終盤は19000円を割り込んで推移して、引けました。

発表直後の上昇に関しては、海外メディアの訳に誤解があったような噂も出ており、
伝わり方が疎らだったことで買いが入っていたようです。
 


23:20現在の様子はというと、
ナイトセッション開始直後から売りが続き、18750円まで売り込まれてからの反転状態となっています。

2015.12.18 先物mini日中足 夜間jpg


大分売り込まれてた引けだったので、ナイト寄り直後から買いが入ると思ったら
18750円まで売られましたw

その後ショートカバーで。

19000円まで戻せるでしょうかw


20000円遠そうだね

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

2年ぶり

  • 2015/12/03(木) 16:02:53

たいぶ、更新せずに放置していたココもまた更新していこうかなって
書いてます。

いや、続くのかどうか。。。

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。

下落続き

  • 2013/10/04(金) 15:59:25

今週もお疲れさまでした。

ラージ 始値14050円 高値14160円 安値13940円 終値14040円
上下220円のレンジ 出来高56,984枚 IR 13970円~14090円

ミニ  始値14050円 高値14160円 安値13940円 終値14035円
上下220円のレンジ 出来高513,623枚 IR 13965円~14090円

CME $14150 \14080

 本日の日経225先物は14040円(-100円、-0.71%)で引けました。
昨日のアメリカ市場は政府機関の閉鎖が続く中、ISM製造業景況指数が予想を下回り、
マーケットは連日の下落となっています。

さらに、政府機関の閉鎖などから、市民の不満が出ているのかホワイトハウス前で発砲事件も起きるなど、
アメリカ全体がマイナスの印象を受けている状態です。

日銀の金融政策決定会合では現状維持となり、マネタリーベースが年間60-70兆円に相当するベースで
増加するように金融市場調整を行うことを全員一致で決まりました。

景気判断は「緩やかに回復している」と据え置きとなり、サプライズなどはありませんでした。

日銀の発表前にやや期待からか買われる場面がありましたが、14100円を挟んで弱含んだもみ合いでした。

また、オバマ大統領がAPECを欠席して、自国の財政問題に注力する方針などが伝わっていました。

日経先物も一時、14000円を割り込む場面がありましたが、安くなると買われる動きもあり、
方向感がはっきりとは出ていませんが、全体的には売り優勢の流れとなっています。



 本日で日足は6陰線となり、うち10月3日は十字線ですが上髭の方が長く上値の重さが出ています。
5MAは25MAに接近し、明日以降も下げが続くようでしたらDCが発生します。

100MAや基準線が丁度14000円近辺ですが、どこまで機能するかは難しい状況です。

ただ、短期的には売られ過ぎとなっていてスローストキャスティクスは10%台となっているので、
自律反発が見られる可能性もあります。

今の水準は2020年の東京オリンピックが決定する前の価格帯に近いのでイベント相場も
一旦は収まったとみることが出来ますが、

あくまでも、アメリカの財政問題、予算案などからも影響が出ていますので、
そちらに注目したいです。

明日も必ず世界のどこかで市場は開いている ←いつもありがとうございます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。